仕事依存症 名古屋

聖心こころセラピーメインホーム

仕事依存症

 

仕事依存症について


仕事依存症になると人生や生活にどのような影響があるのでしょうか。ある夫婦の内どちらかが仕事依存症に陥っている場合には半数の夫婦が離婚するに至るケースなどもあり、家庭を持っている場合にはとても深刻な問題の一つともなっている看過出来ない症状です。


ワーカホリックとハードワーカーの違いとは?

ワーカホリックとは仕事中毒であり、ワーカホリックになると休日である余暇の時間にでも仕事のことを考えている場合が多々あります。ハードワーカーとは懸命に働く人を言い、ハードワーカーの場合には仕事をしながら余暇には何をしようかなぁといったことを考えています。普通の労働者の場合には、出来れば仕事から逃げたいと思っている場合も多くいます。帰宅したら、何もしないでボーっとして心と体を休めることや、テレビを見てリラックスしたいなと考えていると思います。仕事依存症になると仕事をしていない時間帯は無意味なものに感じられて、あの時間があれば仕事が出来たのに。と思うことも多いです。また、リラックスしようとすると、具合が悪くなる人もいます。休暇病にかかれば、疲労・筋肉痛・吐き気などの症状が現れます。また、週末頭痛という症状に襲われることもあります。仕事をしなかった時間に仕事をすることが出来たかもしれないという感覚になります。非生産性の恐怖が頭に沸き起こり、仕事をしていないと不安になってしまうケースです。休暇などの心と体を休める時間でもあっても、非生産的で無駄な時間だと思えてくることもあります。


仕事依存症に陥れば身体を酷使することに疑問を感じない

仕事中毒になっているワーカーホリックの特徴としては、長時間労働で体を酷使することに快感を持ち、例えれば「ランナーズハイ」のような状態に陥っていることが挙げられます。長時間労働が慢性化していることに疑問を感じ、改善を試みることもなく、むしろ長く働くことにより仕事をバリバリとこなしているという実感を持っています。また、仕事を長時間行うことで安堵感を持つこともあり、仕事を早くに切り上げることや、休みを取ることなどに不安を感じることもあります。仕事がないととても不安な状況に陥ります。


仕事依存症である本人は良くても周りからは不評が出ている場合も

ワーカホリックの場合には、独身であったり本人はやる気を持って取り組んでいるのでいい場合もあるのですが、頑張りすぎてしまう傾向にあったり、また家庭を持つ男性や女性の場合には、家庭を顧みないという行動に出てしまいパートナーや家族からどうにかして欲しいというような要望が出る場合もあります。仕事をバリバリとする時期もあれば、余暇の時間をきちんと取ったり、心と身体をしっかり休めることが必要な時間もあるのですが、ワーカホリックになると、仕事をしていないと余計に不安になるといったようなサイクルに陥ります。本人は仕事を頑張っているのに何がいけないのだと感じるかと思うのですが、一緒にいる家族からしてみれば、もう少し家族との時間を大切にしてほしいと思っている場合も多いです。何が大切かもしっかりと考えてみる必要がありますし、プライベートも仕事と同じくらい大切なものです。


家庭に居場所がないから、周りの評価が気になるからという場合も

仕事依存症という仕事中毒に陥る傾向として、家庭に居場所がないからと感じている人もいます。亭主元気で留守がいいではないですが、仕事を頑張ることが家族のためにもなると信じて仕事に邁進している場合もありますし、家にいても邪魔者扱いされるので、仕事をしている方が幾分ましだと考えて仕事を長時間しているという場合もあります。また、自分を良く見せて昇進したいために、上司に気に入られるためにと仕事中毒になっている人もいます。前向きに仕事に取り組むのはいいことなのですが、そのバランスなどが必要になってきます。仕事を頑張る姿は素敵ですが、自分を休める時間も大切ですので、働きすぎになっていないかをよく考える必要も出てくるでしょう。間違った方向にがんばっていないかを良く確かめる必要もありそうです。仕事もプライベートも同じくらい大切にしたいものです。