回避性人格障害のカウンセリングは名古屋聖心こころセラピーへ 名古屋市・愛知県・三重県・岐阜県・静岡県

回避性人格障害 克服への対策

 

回避性人格障害 克服への対策


「回避性人格障害」の方は、親密な人間関係を築く事が苦手なため、相談する相手も持てず、苦しみを抱えたまま孤立する傾向があります。
 

深く傷ついているだけに、自分の悩み苦しみと対峙しそれを表現する事はとても辛いことです。口に出して表現しようとするだけで悲しみや苦しみが溢れてしまい形にできないこともあります。
 

現在の苦しい状態は子供の頃周りから与えられた思考のパターンと成長過程で自分の中で育まれた真の感情との間の歪みに起因します。
 

この歪みを抱えた現状はとても苦しいのですが、その歪みと向き合う事は今までの教育や常識を否定したり、親の育て方考え方躾に背くことになり、新たに罪悪感が増すこともしばしばあります。
 

しかし時にはそれに対し正面から取り組む勇気を必要とします。
自分を押し殺し他人本位に生きてきたため自分の気持ちも分からなくなり、こんがらがった感情が鎖のように自分自身をがんじがらめにして抜け出すのが難しい状況です。

 

しかし幸せな人生を歩むためには、人間関係を健全な正常な状態に昇華させる成長のチャンスでもあります。
 

幼少期からの長い期間をかけ作られた負の思考を、自分の力のみで変更していくには自ずから限界があります。
 

セラピーでは思考を整理し、見つめ直し、気づきに至るコーチングをする事で生き苦しい思考のパターンを幸福度を高める思考パターンへと導いていきます。