回避性人格障害のカウンセリングは名古屋聖心こころセラピーへ 名古屋市・愛知県・三重県・岐阜県・静岡県

回避性人格障害の原因

 

回避性人格障害の原因


「回避性人格障害」のほとんどの方は、幼い頃に親から暴力や言葉による虐待を受けたり、いわれのない非難や拒絶 、また両親共働きで子に対し関心を持たないネグレクト家庭など、いづれにせよ自分自身を受け入れてもらえなかった 辛い子供時代の機能不全家族の経験を持っています。
 

白紙の状態で生まれてきた子供は、 親もしくは周囲の大人から無条件に愛され受け入れられた経験を経て、初めて自分が大切な存在であることを自覚し確信することができます。
 

しかし自分を認めてもらうための条件を満たさなかったり、不条理に非難否定され続けて育ったとしたら、自分を認め 愛する心が育まれる筈もありません。
 

こんな価値のない自分は人に認めてもらえない、受け入れられないのではないかとの不安から他人に対し過度な恐怖心を持ったり、自信が持てないことから自分を素直に表現できず萎縮してしまいます。
 

社会の中で自分の居場所を見つけることができず、自身の持つ劣等コンプレックスにより人を恐れ、人間関係を逃避し回避するに至ることになります。